小さなサロンの非常識な成功法則

こんにちは

牧野です。

いきなりキツイことを言いますが

私は以前から

「自分を『職人』だと思っている人は
『真のオーナー』には絶対になれない」

と主張しています。

また、

例え、オーナーになったとしても
例え、初めはうまくいったとしても

それは続きません。

かならず「限界」が訪れます。

自分を 「職人」 だと思うことが
いけない悪いと言っているわけでは
ありません。

真のオーナー(起業家)にはなれない。

ということです。

例えば、、、

プロボクシングの世界に入って
笑顔で勝負するスタイリストさん
のようなものです。

即、KOされます。

下手すれば殺されます。

プロボクシングのリング上では
笑顔など屁の役にも立ちません。

職人からオーナー(起業家)に
立場を変えるということは…

そのくらいの「差」がある。

まずはそれを自覚してください。

ですから、
覚悟が必要なのですが、、、

多くの美容師はその覚悟なく
職人の延長線でお店を経営し

ストレスまみれの現実に
じわじと押しつぶされていき

身体も心もやられます。

さらに

自分の苦しみを解ってもらえず
人知れず孤独と戦っている…

そんな毎日を送られて
いるのではないでしょうか?

しかし、

そんなこと今まで誰も教えて
くれなかったでしょう。

そして日々…

美容室のオーナーさんに対し

「集客の方法」
「チラシの作り方」
「客単価をあげる方法」
「リピートさせる方法」
「サロンコンサルティング」
「技術講習」
「新開発の材料講習」
「○○カラー」
「○○○○カット○○○」
「本物のシャンプーとは」
「ブランディング」

と、

「こうすりゃもっと儲かりまっせ」
「これはお客に喜ばれまっせ」

このような情報を配信している
人は本当にたくさんいます。

本当にたくさんいるのですが、、、

職人美容師にボクシングの
グローブを与えて戦いましょう
と言っているようなものです。

言い方は悪いですが、、、

薄っぺらいんです。

私から見ると薄っぺらすぎの
情報にしか映りません。

なぜなら、

事の本質が解ってないのに…

プロのボクサーになりきれて
いないのに…

「このグローブはいいですよ」
「こうすればパンチを出せます」
「この栄養剤を飲んでください」
「この練習方法をやりましょう」

と言われているような
ものだからです。

実はこれって、、、

「残酷」なことなのです。

・・・・・・・

あなたにお聞きします。

ホンネを聞きたいのです。

本当は、、、

早く引退して自由に健康に
生きてみたいと思っている…

のではありませんか?

いつまで続くかわからない
この不安定で安心できない
生活から抜け出したい…

そう思ってはいませんか?

もし、そうであれば朗報です。

というのも、、

私がこのような情報を出し続け
無料ブログでも有料コンサルに
引けを取らない内容を出す目的が

これに合致するからです。

私の目的は、、、

≪あなたが美容師から引退する≫

ことなのです。

本物のプロ経営者のリングに
立てる人になっていただき

・安定した収入源
・安定したサロン経営
・健康で自由な生活
・厳しくも信頼がある人間関係

このような状況・状態を
手に入れてもらいたいのです。

もし、これらを手に入れる方法
を知りたければ、、、

今後もこのブログを読み進めて
いってください。

では…

コメントを残す

サブコンテンツ

TOP